第1巻品質管理と標準物質
第1章観測量と国際単位系SIG101JP:001-007青山道夫
第2章標準機器・標準物質による精度管理G102JP:001-009林和彦・内田裕・青山道夫
第3章全球海洋観測システム(GOOS)の必須海洋変数(Essential Ocean Variables)G103JP:001-006石井雅男・須賀利雄・千葉早苗
第4章項目間比較による精度管理執筆中内田裕・青山道夫・石井雅男
第5章データの公開と国際交換G105JP:001-010鈴木亨・道田豊
第6章国際海水熱力学方程式2010(TEOS-10)執筆中内田裕ほか
第2巻物理観測
第1章採水G201JP:001-019中野俊也・小畑 元・片山健一・小澤知史・松永浩志
第2章水温G202JP:001-002中野俊也
第3章塩分G203JP:001-015河野健
第4章海水の密度G204JP:001内田裕
第5章透明度G205JP:001-002中野俊也
第3巻採水分析(溶存態)
第1章溶存酸素G301JP: 001-030熊本雄一郎・高谷祐介・宮尾孝・佐藤弘康・松本慧太郎
第2章ガス分画連続流れ方式の分析装置を用いた高精度で相互比較可能な海水中の溶存栄養塩類 (N, P, Si) 分析方法G302JP:001-017青山道夫
第3章微量金属G303JP:001-004小畑元
第4章DICG304JP:001石井雅男
第5章全アルカリ度 (分光光度法)G305JP:001-010石井雅男・小杉如央
第6章pHG306JP:001石井雅男
第7章pCO2G307JP:001石井雅男
第8章クロロフルオロカーボン類および六フッ化硫黄G308JP:001-009佐々木建一
第9章炭素同位体比(Δ14C、δ13C)G309JP:001-018熊本雄一郎・荒巻能史
第10章DOC/DON/DOPG310JP:001-013小川浩史
第4巻採水分析II (粒子態)
第1章粒子態有機炭素 (POC),粒子態窒素 (PN),および粒子態リン (PP)G401JP:001-006芳村 毅
第2章生物ケイ酸G402JP:001-004橋濱史典
第3章粒子状有機物の炭素・窒素安定同位体比G403JP:001-007梅澤有
第4章植物色素G404JP:001-005鈴木光次
第5章細菌および従属栄養性微小鞭毛虫類
第5-1節細菌および従属栄養性微小鞭毛虫類:蛍光顕微鏡による計数G4051JP:001-006横川太一
第5-2節細菌および従属栄養性微小鞭毛虫類:フローサイトメトリーによる細菌の計数G4052JP:001-004佐藤光秀
第6章微小動物プランクトンの定量G406JP:001-006太田尚志
第7章基礎生産G407JP:001-003鈴木光次
第8章濁度・SS執筆中太田秀和
第9章TP, TN, COD (規制項目として)執筆中太田秀和
第5巻底質分析
第1章海底堆積物採取G501JP:001-003成田 尚史
第2章含水率・空隙率G502JP:001-006成田 尚史
第3章焼却減量G504JP:001-003成田 尚史
第4章粒度組成G505JP:001-011成田 尚史
第5章主成分組成執筆中成田 尚史
第6章間隙水執筆中成田 尚史
第6巻プランクトン・ベントス
第1章プランクトンネットG601JP:001-009齊藤宏明
第2章底生生物 (ベントス)G602JP:001-006小島茂明
第7巻Underway
第1章pCO2G701JP:001-007笹野大輔・中岡慎一郎
第2章ADCPG702JP:001-005纐纈慎也
第3章水深G703JP:001-008内田裕・末吉惣一郎
第4章海上気象G704JP:001-141中野俊也
第5章海氷G705JP:001-037豊田威信
第6章光環境(物理、生物)G706JP:001-008虎谷充浩・小林拓
第8巻センサー観測
第1章TSG執筆中内田裕
第2章XBT/XCTDG802JP:001-013木津昭一
第3章電気伝導度水温水深計 (外洋観測)G803JP:001-011内田裕
第4章沿岸域におけるCTD観測執筆中太田秀和
第5章溶存酸素センサー (CTD観測用)G805JP:001-018内田裕・高槻靖
第6章蛍光光度計執筆中内田裕
第7章透過度・濁度計執筆中内田裕・荒川久幸
第8章海洋中の光G808JP:001-008平譯亨・鈴木光次
第9章降下式超音波流速プロファイラ (LADCP) 観測G809JP:001-007纐纈慎也
第9巻天然および人工放射能
第1章海水執筆中青山道夫
第2章海底堆積物G902JP:001-008乙坂 重嘉・成田 尚史
第3章大型生物G903JP:001-004森田貴巳
第4章プランクトン・ベントスG904JP:001-004帰山秀樹
第10巻バックグラウンド汚染物質
第1章重金属執筆中太田秀和
第2章石油・炭化水素G1002JP:001-014牧秀明
第3章マイクロプラスチック (表層水の曳網観測)G1003JP:001-009宮尾孝
第4章浮遊汚染物質 (船からの目視観測)G1004JP:001-008宮尾孝
第5章残留性有機汚染物質執筆中山下信義
第6章新規残留性有機汚染物質 (2009年以降)執筆中山下信義