ISSN: 0916-8362 著作権は日本海洋学会に属します

ご覧いただくにはPDFビューワーが必要です。 get_adobe_reader

最新号 Vol.26 No.3

Vol. 26-4 (2017年7月発行)カバーページ(目次、奥付、他)
総説:黒潮の流路・流量変動の研究─源流域から九州東岸まで─中村 啓彦Kuroshio path and volume transport variations from Luzon Island to the
eastern coast of Kyushu
P113-147

論文投稿について

「海の研究」に投稿する際は、投稿論文のファイルを編集委員長へ、件名を「『海の研究』投稿原稿(投稿代表者氏名)」としたe-mailの添付ファイルとして送付、またはCD他のメモリー・電子媒体を郵送してください。宛先は以下の通りです。詳しくは「投稿の手引き」をご参照ください。

e-mail送付先: jos (at) mynavi.jp(atを@に変えてください)

日本海洋学会和文誌「海の研究」編集委員会
委員長 市川 洋
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋
パレスサイドビル9F ㈱毎日学術フォーラム内
電話:03-6267-4550,FAX: 03-6267-4555

海の研究について | 投稿の手引き | 投稿規定 | 別刷り料金

バックナンバー (Vol. 19-)

Vol. 19 | Vol. 20 | Vol. 21 | Vol. 22 | Vol. 23 | Vol. 24| Vol. 25| Vol. 26

なお、国立情報学研究所のCiNii (NII論文情報ナビゲータ)では、1992年の第1巻から2017年3月の第26巻2号までの各号に掲載された論文の抄録が公開されています。

CiNii (NII論文情報ナビゲータ)

また、国立研究開発法人科学技術振興機構のJ-STAGE(科学技術情報発信・流通総合システム)では、1992年の第1巻から2005年の第14巻までの各号に掲載された論文のPDFは公開されています。

J-STAGE (科学技術情報発信・流通総合システム)

『海の研究』は紙資源節約等のため、第19巻(2010年発行)から電子化されオンライン提供のみとなっております。紙媒体でお読みになりたい方は以下にご請求ください。その際会員番号が必要になります。また、紙媒体での『海の研究』の図は、全て白黒印刷となります。カラーの図は、ウェブサイトから入手することができます。

お問い合わせ先:
日本海洋学会事務局
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋
パレスサイドビル9F ㈱毎日学術フォーラム内
FAX: 03-6267-4555
E-mail: jos(at)mynavi.jp (at)のところには@をお書き下さい
「件名(subject)」を「海の研究送付依頼」、本文に会員番号とお名前、送付先を必ずお書き下さい。

海の研究編集委員

編集委員長: 市川 洋
編集委員:
秋友 和典(京都大学)
大木 淳之(北海道大学)
小橋 史明(東京海洋大学)
小針 統 (鹿児島大学)
関  宰  (北海道大学) 
多田 邦尚(香川大学)
谷本 陽一(北海道大学)
中村 知裕(北海道大学)
濵崎 恒二(東京大学)
宮澤 泰正(JAMSTEC)

「海の研究」要旨を個人のホームページに掲載する方へ

著作権法により, 著作権のある出版物の内容を無断でホームページ等に掲載することは禁じられています. Journal of Oceanography と「海の研究」の論文は日本海洋学会が著作権を有していますので, ご自分の論文の要旨をホームページに転載する場合であっても, 必ず, 日本海洋学会の許可が必要です. 以下の申請書に必要事項を記入して, 事務局気付でそれぞれの編集委員会に送ってください. なお, 論文全体を個人のホームページに掲載することは許可しておりませんので, 行わないでください.

海の研究の転載を希望する方へ

海の研究の内容をホームページ等に転載したいという方は、転載許諾申請書にご記入いただき、日本海洋学会事務局へお送りください.
転載許諾申請書

〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 9F
(株)毎日学術フォーラム内
日本海洋学会事務局
jos(at)mynavi.jp (atを@に変更してください)

要旨の再利用を希望する方へ

要旨の再利用申請書 (MS Word)