学会誌

日本海洋学会では, 英文誌 Journal of Oceanographyと和文誌「海の研究」を隔月でオンラインジャーナルとして発刊しています.両誌の表紙の絵は,芸術院会員・雨宮 淳 (あめのみや あつし) 氏がデザインされたもので,日本列島と海流を表しています.

Journal of Oceanography

Journal of Oceanographyホームページ

海の研究

「海の研究」ホームページ
Vol. 19, 2010 –

JOSニュースレター

会員情報誌として年4回刊行し, 会員へ送付しております. 学会に関する記事, 各種集会などの参加報告, 公募情報, 書評, 寄稿などを掲載します.

問い合わせ, 原稿送付先

JOSニュースレター編集委員長 海洋研究開発機構 安藤 健太郎

電子メール andouk(at)jamstec.go.jp

学会が編集など関わった書籍


海の温暖化 ―変わりゆく海と人間活動の影響―
グローバルな現象である地球温暖化や海洋酸性化によって海洋やその生物、さらには私たちの社会がどのような影響を受けるかについて、最新の研究成果を基に詳しく述べています。
2017年7月発行 朝倉書店 3200円


海はめぐる―人と生命を支える海の科学―
大学の講義にも使える海洋学の教科書。自然科学だけでなく社会科学も網羅しています。
2012年3月発行 地人書館 3200円


有明海の生態系再生をめざして
日本の代表的な干潟である有明海。その生態系の現状と、再生に向けた取り組みについて、学会が総力を挙げて著した一冊。
2005年9月発行 恒星社厚生閣 3990円


続・海のトリビア
シップ・アンド・オーシャン財団,日本海洋学会
「海のトリビア」の続編。さらに興味深くさらにマニアックに。
2006年9月発行 日本教育新聞社 980円


海のトリビア (絶版)
シップ・アンド・オーシャン財団海洋政策研究所,日本海洋学会
海に関する雑学が満載。まさに目から鱗のネタの連続。
2005年6月発行 日本教育新聞社 980円


海を学ぼう –身近な実験と観察–
高校生および小中学校の先生, 父兄向き
2003年4月発行 東北大学出版会 1500円


海と環境:海が変わると地球が変わる
海と環境に関して、知っておきたい注目の研究成果を読み物的に分かりやすく紹介しています。
大学生, 大学院生向き
2001年9月発行 講談社 2800円


沿岸環境調査マニュアル (2)[水質・微生物篇]
1990年04月発行 恒星社厚生閣


沿岸環境調査マニュアル〔底質・生物篇〕
1986年04月発行 恒星社厚生閣