参考資料:宇田道隆 (1961)「日本海洋学会20年史」日本海洋学会20年の歩み, 増澤譲太郎 (1991)「日本海洋学会50年史」海の研究, 第1巻第1号 (創刊号), 平 啓介 「日本海洋学会10年 (1991年〜2000年) の歩み」 海の研究, 第11巻第1号 (日本海洋学会創立60周年記念号)

年     事 柄
1932年本学会の母胎となる「海洋学談話会」開催(於 月島・農林水産省水産試験場)
1941年日本海洋学会創立。同年1月28日創立総会(於 神田・一ツ橋如水会館)
1942年機関誌『日本海洋学会誌 Journal of Oceanographic Society of Japan (J.O.S.J.)』発刊
1948年5月 総会(於 東京都月島水産試験場)より戦後活動再開
10月 初の地方大会開催(於 函館市)
1949年海洋気象学会創立
1950年日本海洋学会長崎支部設立
(終戦直後 函館にも地方支部?)
1954年『日本海洋学会誌』年4冊の定期刊行化
1962年沿岸海洋研究部会発足
1961年11月 学会創立20周年記念大会(於 東京・国際文化会館)
1962年『日本海洋学会創立20周年記念論文集』刊行
1964年岡田賞授与始まる
1965年外国会員制度発足
「黒潮およびその隣接海域の共同調査(CSK)」始まる(1979年終了)
1966年学会賞授与始まる
1970年「合同海洋科学大会(JOA)」開催
1973年「海洋環境問題に関する声明」発表、海洋環境問題委員会を設置
1983年海洋観測衛星委員会を設置
1989年海洋観測衛星委員会が日本海洋学会衛星観測研究部会へ改組(1996年発展的解消)
日本海洋学会西南支部設立
1990年海洋未来技術研究会発足(2014年解散)
1991年会則改正により学会誌が和文機関誌『海の研究』と英文論文誌『Journal of Oceanography (JO)』へ分離
1992年『海の研究』年6回、『JO』年4回発行開始
1993年会則改正により『JO』年6回発行に変更
1996年日本海洋学会ホームページ開設
2002年『JO』がThomson Scientific社の論文引用数調査の対象誌となる
2005年Thomson Scientific社により『JO』の初のImpact Factor (IF) 付与、IF = 1.669 (2012年現在Thomson Reuters' IF = 1.232)

学会会長・副会長

年度会長副会長
1941〜1947岡田 武松
1948〜1951日高 孝次
1952日高 孝次宇田 道隆・須田 晥次
1953日高 孝次宇田 道隆・三宅 泰雄
1954〜1956日高 孝次宇田 道隆・須田 晥次
1957日高 孝次宇田 道隆・速水 頌一郎
1958日高 孝次宇田 道隆・菅原 健
1959日高 孝次速水 頌一郎・三宅 泰雄
1960〜1966日高 孝次速水 頌一郎・宇田 道隆
1967〜1970速水 頌一郎宇田 道隆・吉田 耕造
1971〜1974宇田 道隆吉田 耕造
1975〜1978三宅 泰雄丸茂 隆三
1979〜1982南日 俊夫平野 敏行
1983〜1986丸茂 隆三梶浦 欣二郎
1987〜1988増澤 譲太郎永田 豊
1989〜1990根本 敬久鳥羽 良明
1991〜1994鳥羽 良明平 啓介
1995〜1998平 啓介谷口 旭
1999〜2002角皆 静男寺崎 誠
2003〜2006今脇 資郎植松 光夫
2007〜2010小池 勲夫花輪 公雄
2011〜2012花輪 公雄津田 敦
2013〜2014植松 光夫須賀 利雄
2015〜日比谷 紀之神田 穣太

学会誌編集委員長

※英文誌・和文誌分割以降
年度JO海の研究
1992〜1995角皆 静男福岡 二郎
1995〜1998高橋 正征大和田 守
1999〜2002今脇 資郎堀部 純男
2003〜2006花輪 公雄關 文威
2007〜2007才野 敏郎半田 暢彦
2008〜2010才野 敏郎岸 道郎
2011〜2014日比谷 紀之久保田 雅久
2015〜石坂 氶二市川 洋