募集中

日本海洋学会 環境科学賞 受賞候補者の推薦依頼

2018年度 日本海洋学会 環境科学賞受賞候補者選考委員会
委員長 一見和彦

日本海洋学会会員の皆様には、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。さて、日本海洋学会環境科学賞受賞候補者選考委員会(以下、賞候補者選考委員会という)では、環境科学賞の2018年度受賞候補者について会員各位からの推薦を受け付けます。環境科学賞の制定の経緯、目的等に関しましては、学会HPに掲載の日本海洋学会環境科学賞「設立趣旨」(http://kaiyo-gakkai.jp/jos/about/jos_awards)または、「海の研究」第18巻第3号(2009年)、および下記の参考資料(会則)をご参照下さい。
 なお、受賞候補者の選考にあたりましては、会員の皆様からの推薦と賞候補者選考委員会からの推薦を併せた中から行うことを申し添えておきます。また、昨年度ご推薦いただいた候補者で、残念ながら受賞されなかった方々についても、改めてご推薦下さいますようお願い申し上げます。加えて、多数の候補者が推薦された場合は、若手研究者を優先いたしますが、本賞は、若手に限らず、海洋環境に関わる活動で高い評価を得ている研究者あるいは研究グループのリーダーを対象としますので、推薦要領に従って、本賞にふさわしい会員を積極的にご推薦いただきますよう、お願い申し上げます。

推薦要領
以下の項目について記入し、下記の送付先まで郵送もしくはメールにてお送りください。

1.候補者の氏名と所属機関・役職名(生年月日もご記入ください)
2.受賞の対象となる研究課題
3.推薦理由
4.推薦者の氏名、所属機関、メールアドレス
5.推薦の対象となる主要論文(省略可)
6.推薦日付

締切日: 2017年9月29日(金)必着
送付先: <郵送> 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 9F
          (株)毎日学術フォーラム内

日本海洋学会 環境科学賞受賞候補者選考委員会
     <メール> 件名を「海洋環境科学賞受賞候補者の推薦」とし、下記宛に送信
           jos@mynavi.jp

<参考資料>
日本海洋学会会則 第6章 表彰
第37条 5.海洋環境保全に関わる学術研究の発展、啓発および教育に大きく貢献した会員を表彰するため、日本海洋学会環境科学賞を設ける。その規定は細則で定める。

現在までの受賞者
2010年度 清野聡子/2011年度 梅澤 有/2012年度 速水祐一/2013年度 栗原晴子/2014年度 神田穣太/2015年度
野村英明/2016年度 藤井直紀/2017年度 一見和彦