講師派遣の流れ | 講師リスト・授業名一覧 | 過去の派遣実績

趣旨

島国に住む日本人にとって海は身近な存在であり、水産・海運などの産業、海水浴等のレジャーなどを通して様々な恩恵を受け取っているほか、多くの海浜地域では生活儀礼や居住景観を通して、文化的にも海と深い繋がりを築いています。

実は海はそれだけではなく、気候変動の緩和や人為起源二酸化炭素の吸収、世界の有機物生産の半分を占める海洋基礎生産による豊かな生物多様性の保持など、現在の地球環境を維持するためにも非常に大きな役割を担っていますが、こういった生活レベルを超えた海の役割についてはまだまだ一般の方々の御理解を十分に得られているとは言えません。更に近年では津波、高潮等の防災の面でも、海や海流・波浪の特性等に対する国民的リテラシーを醸成する必要性が高まってきています。

もともと、海は多様な無機成分、有機成分を豊富に溶かし込んだ「水溶液」であり、更にそこには小中高生が比較的簡単に採取する事ができる多様な生物が生息し、身近な野生の生態系を構築しています。風や海流、潮汐など、小中高生が簡単にはイメージしづらいと思われる地球スケールの物理現象を間近に体感できる場所でもあります。

日本海洋学会では海のこのような特性を活かし、多くの日本人にとって身近な存在である海をきっかけに、小中高校生に「理科」そのもの、更には海洋への興味を育んでもらう事が出来ないかと考えました。このため、小学校・中学校・高等学校からのご要望に応じて「海」の専門家である海洋学会員を派遣し、授業または講演を行うことができる仕組みを平成28年度から創設しました。

海洋学会員による授業を通じて、最先端の海洋学のおもしろさを伝えながら、理科全般および海洋に関する国民的リテラシーの醸成に少しでも貢献できればと考えております。

講師派遣の流れ

小学校・中学校・高等学校へ海洋学会講師を派遣する際には、以下の手順でお申し込みをお願いします。

  1. 本ホームページから派遣可能な講師のリスト(所属機関の所在地域別に分かれています)を検索して下さい。講師リストには、各講師がご提供できる授業内容のキーワードが掲載されています。ご興味のあるキーワードをクリックして頂くことで、そのキーワードに対応した具体的な授業名を掲載した「授業名一覧」に飛ぶことができます。個々の講師および授業の詳細情報については、各講師の登録シートをダウンロードして御覧下さい。
  2. ご要望に近い授業をご提供できる講師が居りましたら、以下の宛先に派遣申し込みのメールをお送り下さい。書式は問いませんが、以下の情報を記載して頂く必要があります。
    [派遣依頼メールの送信先]
    日本海洋学会講師派遣事業事務局
    demae@kaiyo-gakkai.jp
    [ご依頼の際必要な情報]
    ・依頼者のお名前、ご所属、連絡先電話番号、連絡先メールアドレス
    ・派遣希望講師名
    ・希望される授業名
    ・希望される派遣場所
    ・希望される派遣時期(ピンポイントの日付でも構いませんが、ある程度幅を持った期間でご依頼頂いた方が御対応しやすくなると思われます)
  3. ご依頼のメールを頂きましたら、事務局から該当の講師に派遣依頼の情報を転送し、ご依頼のあった派遣時期に対応可能かどうかを確認します。派遣可能の場合、該当講師から依頼者の御連絡先に直接御連絡を差し上げますので、以降は該当講師と直接詳細についてのご協議をお願いします。(該当講師がご依頼の時期に派遣不可能の場合、事務局からその旨の御連絡を依頼者に御返信します)
  4. 講師、授業内容によって、学習指導要領に沿った「理科」の一時数として取扱可能な授業をご提供可能な場合と、「総合的な学習の時間」の一時数としての授業、あるいは特別活動の一環としての講演活動をご提供できる場合とがあります。授業の形態、授業のレベル(どのくらい難しくても大丈夫か、など)、また準備が必要な機材(プロジェクタなど)について、講師との打ち合わせをお願いいたします。
  5. 講師派遣に際して、原則として謝金は不要です。交通費(宿泊が必要な場合は宿泊費)のみご負担をお願いします。
  6. 「海の出前授業」は基本的には海洋学会員による自発的活動として行われていますが、
    講師によっては、所属する機関と海洋学会との共催事業、もしくは所属する組織の単体事業として派遣に応じる場合があります。この場合は該当講師の所属機関が必要とする書類(依頼状など)を作成して頂く必要が生じる場合もありますので、派遣の手続についても個々の講師に御確認頂ければ幸いです。
  7. 特に、東京大学海洋アライアンスに所属する会員の講師派遣は、海洋学会と海洋アライアンス「出前授業」プログラム (http://www.oa.u-tokyo.ac.jp/demae/index.html) との共催として実施されます。また海洋アライアンス所属会員による派遣授業のお申し込みについては、日本海洋学会講師派遣事業事務局から講師個人でなく、東京大学海洋アライアンス事務局にお申し込み内容を転送しますので、以降は東京大学海洋アライアンス事務局と実施の詳細についてのご協議をお願いします。
  8. また、海の出前授業では2018年度より、日本科学協会が実施してきた「立方体地球ーCubic Earthーもしも地球が立方体だったら」(http://www.jss.or.jp/fukyu/cubicearth/)に関する出前授業のリクエストを随時受け入れます。立方体地球に関する出前授業をご希望の方は、下記の講師リストをご参考の上、お申し込みください。
  9. 派遣授業の実施後、各講師には海洋学会宛に簡単な派遣報告の提出をお願いしています。また海洋学会ホームページに派遣実績として以下の情報を記載させて頂きます。
    ・都道府県
    ・派遣先 (学校名)
    ・授業タイトル
    ・講師名
    ・派遣年月日